会社設立までのスケジュールは?

最近、インターネットや書籍などのメディアで取り上げられて注目を集めている「起業」や「会社設立」。
あなたは、自分の力で一から会社を立ち上げる「起業」や「会社設立」について考えてみたことがありますか?

現代社会は「ストレス社会」などという言葉で揶揄されるように、会社内での人間関係にストレスを感じている人は少なくありません。
そのため、自分がどこかに「雇われることが向いていない」と思い、起業や会社設立について考える人が年々増えてきているようです。
自分の力で立ち上げた会社は、設立することそのものも大変ですし、その後も経営が軌道に乗るまでに様々な苦労が予想されます。
しかし、そうした苦労などがあっても、自らの力を試す「起業」や「会社設立」には多くの人が魅力を感じているようです。

特に今「起業」や「会社設立」を望む人たちが多いと言われている場所が「福岡」です。
福岡という場所は、他の地域と比べても起業や会社設立に対しての支援が手厚いと言われています。
ですから、はじめての人でも会社設立にチャレンジしやすい土地なのではないでしょうか。
そこでここでは、会社設立までにどのようなスケジュールで動けばよいのかについてお伝えしていきます。

福岡で会社を新しく設立するためには、まず定款を作成しなくてはなりません。
定款は、自分で紙でも作れますが「電子定款」で作成するようにすると収入印紙代がかからずオススメです。
電子定款は、司法書士などに依頼すると作成してくれます。
定款ができたら、会社運営のために必要な許認可を取り、設立登記を完了したら会社が設立できます。
登記を提出した日程が会社設立の事業年度にも影響していますので確認するようにしましょう。

これだけの手続きをするには、短いと10日程度、長くても約1ヶ月ほどのスケジュールで済んでしまうのです。
会社設立を福岡で行う時には、福岡市が運営する創業支援施設もあるので、スケジュールなどで分からないことがあればぜひ尋ねてみましょう。
あなたのペースにあった会社設立スケジュールがきっとわかりますよ!