福岡で会社設立をするには?

会社勤めをしている多くの人が過剰労働やサービス残業をさせられ、過労死やストレスによる体調不良と隣り合わせの生活を送っている現代社会。
そうした人たちの中には「起業」や「会社設立」によって、自分の力で仕事を生み出し働きたいと思っている人が数多く存在していると言われています。
ですが、そうは言っても実際に「起業」や「会社設立」をする前には、今勤めている会社を辞めてからでないとできないと思っている人が少なくありません。

もし今、あなたがそのように考えているのであれば…それは大きな勘違い!
実際に自分の会社を設立したいのであれば、会社を辞めてからではなく会社に勤めながらでも手続きや準備を始めていくことが大切なのです。
「週末起業」なんて言葉も聞かれるようになった今、いつどのような時に起業や会社設立のチャンスがあなたに訪れるのか分かりません。
ですから、そんなチャンスを決して逃さないようにするためにも今のうちから速やかに会社設立の準備しておくことが大切なのです。
では、そんな会社設立にはどんな準備をしていかなくてはならないのでしょうか?
ここでは、最近新規の会社を設立するのにオススメな地域だと言われている「福岡」を例に挙げて、会社設立の時に何をするべきなのかをお伝えしていきます。

まず、会社を設立する時には必ず「定款」を作成しなくてはなりません。
定款は、設立する会社の名前や組織、所在地、資本金など、会社に関するルールや情報が記されている書類です。
この書類がなければ会社設立をすることができないので、まずは定款を作成するところから始めていきます。
定款には、収入印紙を貼る必要がある紙の定款と、その必要がない電子定款の2種類があります。
電子定款は、司法書士や行政書士といった法的な文書作成の専門家に依頼すれば作成してもらえるので、ぜひそうした専門家を探してみましょう。
福岡には、海外からの労働者が多いという土地柄もあって司法書士や行政書士がとても多いと言われています。

そして、定款の準備ができたら会社の設立登記に必要な書類を作成していくのです。
こうした書類も、法律の専門家である司法書士や行政書士に頼ると、的確なアドバイスをしてくれます。
福岡で会社設立をするには、まずそうした専門家を訪ねて相談してみると良いでしょう。