福岡で会社設立をするのに必要な費用とは

「日本の景気は回復傾向にある」と言われて久しい現代社会。
実際には、一般的な生活水準の人たちでも景気回復を実感できない状況にあります。
一般的な生活水準の人たちでもそうなのですから、低所得者層や貧困層の人たちの経済状況は更に深刻だと言われています。
シングルマザーの生活困窮者の数はますます増加し、生活保護申請の数も年々増え続けているのです。

そのように経済的に厳しい状況に置かれる現代社会の様子を見ても分かるように、もうこれまでのような働き方ではひとりひとりの生活水準を維持するのに限界があるとも言われています。
そこで近年、政府が力を入れて進めている政策の一つが「創業支援政策」です。
会社で働きながら週末だけ自分の会社を運営する「週末起業」や、会社とは別の仕事を自ら行う「副業」など、様々なスタイルの新しい働き方に対して国が支援を進めています。
そうすることで、経済的に不安定な状況に置かれている人たちが少しでも豊かな生活が送れるようにすることがこの政策の目的です。

そうした「創業支援」に対して全国的にも手厚いといわれている地域が「福岡」です。
福岡県は、九州の玄関口であるとともに韓国や中国にも近い土地柄であるため、外国人の出入りが多く、古くから「商業の街」として栄えてきた歴史を持っています。
そのため、福岡には会社設立をするために必要な支援や補助金制度などが整備されているのです。
そんな福岡で実際に会社設立をするためには、どれだけの費用が必要になるのでしょうか?

会社設立の時には、必ず「定款」と呼ばれる書類を作成しなくてはなりません。
定款を作成して認証を受け、それと資本金の準備を経て法務局で会社設立の登記を行います。
実際にかかる費用としては、この一連の手続きに約20万円ほどの費用がかかり、加えて資本金などの準備も必要になるでしょう。
資本金などの用意がない時には、福岡県や福岡市に対して「創業支援」のために補助金制度を利用していくのがオススメです。
福岡での会社設立に必要な費用についてもっと詳しく知りたい時には、福岡の助成金センターなどに問い合わせてみてくださいね。