1人でできる?福岡での会社設立

社会全体が「起業」や「会社設立」に注目をしている今、誰もが一度は自分の会社を設立することを夢見ています。
特に福岡では、そうした「創業支援」をどこよりも積極的に後押ししており、今までにはなかった「新しい働き方」に街全体が期待をしているようです。
起業や会社設立などの新しい働き方が増えていくと新しい雇用が創出されて経済も活性化していきます。

あなたも、そんな新しい働き方である起業や会社設立に挑戦して、今まで身につけた自分の力を試してみたいと思いませんか?
そうは言っても、闇雲に「新しい会社を設立する」というのは、素人では難しい法的手続きが必要になります。
「自分の会社だから手続きも自分でやりたい」という人は多いのですが、実際に自分一人で難しい手続きを行うことは可能なのでしょうか?
そこでここでは、福岡で会社設立をしたいと思った時に自分一人でも手続きができるのかということについてお伝えしていきます。

結論から先に言えば…もちろん、自分一人だけでも会社設立に関する手続きは可能です。
会社設立の際に必ず必要となる定款作成や設立登記などは自分一人でも法的に問題のない書類さえ作成できていれば特に資格を持っていなくても手続き可能なのです。
しかし、定款に関して言えば…収入印紙代がかからない「電子定款」などは素人が作成するのは難しいと言われています。
電子定款を作成するには特殊な機器が必要なため、多くの人が代行業者や司法書士などの専門家に作成を依頼するのです。
定款は紙でも認証してもらえますから、自分一人で手続きしたい時には紙の定款で会社設立をすれば大丈夫です。

このような一連の流れは、やはり法的な専門知識がないと難しいもの。
福岡には、こうした会社設立に関する専門知識を学ぶことができたり、また起業に関する相談助言を受けられる施設が充実しています。
福岡市が運営している「創業支援施設」には、常駐の起業コンシェルジュがいるのでいつでも気軽に相談に乗ってもらえるでしょう。
このような施設を活用すれば、福岡での会社設立は自分一人でも安心して実践することができるのです。